肌トラブル女子のひとりごと!

ページの先頭へ
トップページ >

20代は肌の力を過信しやすいもの。

20代は肌の力を過信しやすいもの。



いまきれいだから、スキンケアはずっと先伸ばしでいいだろうとのほほんとしていると、キケンですよ。

シワの土台は20代からつくられています。しわは加齢だけで出来るのではありません。


乾燥の繰り返しや日光の影響などを強く受けています。
いま大丈夫だとしても、それは回復力が上回っているからにほかなりません。

実際には蓄積しているというのを認識したほうが良いでしょう。
誰だって素肌の年齢には自信を持っていたいもの。

そのためには早いうち(20代)から自分の肌に合ったお手入れをしていくことが、今後の肌を決めるでしょう。

体調が崩れやすい季節の変わり目、それから過酷な夏が終わったばかりの秋から冬にかけての時季、お肌の乾燥注意報が心の中で鳴り響いています。

油断していると乾燥に弱い目の周りの薄い皮膚のあたりなど、細かいシワでいっぱいになり、乾燥肌をこじらせて赤くはらしてしまうこともあります。


乾燥は軽く考えてはいけません。これらの危険な時期、スキンケアは特に念入りに行っている所以ですが、最近になって、化粧水や乳液など基本セットの他にオイルも使うようになり、大変気に入っています。美容オイルも色々種類はありますが少し前まではホホバオイル、今はココナッツオイルを使ってます。頻繁に顔を洗って肌の皮脂が足りていない状態になると、足りない皮脂の埋め合わせをしようとたくさん出すようになるのです。
顔を洗いすぎると、肌が乾燥状態になり、より一層多くの皮脂を出してしまいますから、洗顔は適度を守るようにしてちょうだい。
洗顔の後は化粧水で十分な水分補給することを忘れずに行っていくことが大切です。健康的で充分な水分を含んだ肌のキメは、細かくて美しいものです。
この「キメ」とは、肌の表面上を網羅する細い線である皮溝と、皮溝が囲む、皮丘という盛り上がり部分から成る模様のことを言います。
よくいう「キメが整った肌」は皮丘部分がそれぞれ水分を含んでふくらみ、形は同じような大きさに揃っています。しかし、皮膚の構造として一番外側に位置する表皮がすっかり乾燥し、カサカサに荒れると、キメの模様は形を保っていることができず、崩れていきます。荒れてしまった表皮では、ちゃんとしたバリアにならないので、すぐ下にある真皮もダメージを受けてしまいます。真皮がダメージを受けてしまうと、真皮の働きは肌を支える土台ですから、土台が損傷を受けることで肌は支えを失い、表面にはシワができます。

実際、オキシドールで肌のしみ取りをするという話を最近ききましたが、傷を消毒するために開発されたオキシドールを、傷のない綺麗な肌に用いるのはかなり重荷になるのではないでしょうか。
オキシドールを用いて髪の毛のブリーチをした人も多いと想定されますが、一発で髪に深刻なダメージが出ます。どう考えても、肌にや指しいとは思えません。ずいぶん前から、美白重視の肌ケア製品を使っておりましたが、肌にマッチしなくなり、保湿とアンチエイジングに主眼を置いた製品へチェンジしました。
化粧水が何種類あるのに当初は戸惑いましたが、冬真っ盛りでなければ、顔を洗った後のスキンケア方法はこれだけで十分です。

冬場には夜の手当時に美容クリームを塗るだけという易しいものになりました。
ニキビを引き起こすものは毛穴にたまった汚れが、炎症を引き起こしてしまうことです。手で顔を触るクセのある人は辞めましょう。


日常生活において手には汚れがまみれていて、その手を顔にもっていくということは顔を汚しているのと同じなのです。
最近、同年代が太ってきているので、そうなる前にプチ断食を何度か行って、オナカ周りが随分スッキリしました。



しかし、持と持とアンチエイジングのつもりではじめて、運動して睡眠持とっていたのに、肌の状態があきらかに悪くなったのが気になるのです。
ダイエット前後の写真なんて撮っていませんからわかりませんが、きれいになるはずが、なぜこうなった?。と思いますよね。当面はお肌のケアのほうを集中的にするつもりでいます。またダイエットできるようになると良いのですが。しわとりテープ(昔は音楽や画像を録るのに使ったものですが、最近はデジタルが主流になっていますよね)って、すごいです。顔のシワをとる(隠す)ので雰囲気がガラリと変わるんです。

テレビの中でコスメ系芸能人が自分の愛用品のひとつに挙げていて、それまで知らなかった人にも一気に知られるようになりました。


シワがないと表情も明るくなるんですね(芸能人だから持と持と綺麗だし)。


ただ、長時間つけたままにしていると皮膚にとっては良くないようで、いくら肌に刺激の少ない素材といっても、貼ったところが荒れたり赤くなったりするようなトラブルが出ることは、おもったよりあるそうです。綺麗なまま長時間いたい気もちはわかりますが、美容のために肌トラブルなんてことにならないよう、使用上の注意は守らなければいけませんね。


私は「ここぞ!」という時に試してみたいです。


最近、幅広い世代の人と会う機会が増えてわかってきたことがあります。

シワが出来る肌質、出来にくい肌質というのはあるようで、肌が柔らかいほどシワが出てくる年齢が遅くなる傾向があってます。若いうちにツルッとしているのは当たり前。
将来のことを考えればきちんとケアしていくことが大切です。私は放置していたのですが、しばらく前から夏に炭酸水洗顔をはじめて、秋からいままで市販の炭酸パックを使っていますが、肌の柔らかさが気のせいじゃないと思えるようになった頃から急に、シワが気にならなくなってきて、びっくりしました。

アンチエイジングって肌の色、ハリ、シワ、ツヤなど複合的な効果なんですね。

スキンケア真っ最中にふと思いついたこと

スキンケア真っ最中にふと思いついたことがあります。充分に保湿された肌は柔らかく、柔らかい肌にはしわはできにくのかも、ということなのですが、いかがでしょうか。目尻にできてしまった笑いじわや、口の両端のほうれい線がなんとかならないものか、と思っていたのですが炭酸パックを試し初めてしばらく経ち、なんとなく、肌がしっとり柔らかくなってきた頃からしわが薄くなってきたようで、気にならなくなってきました。炭酸パックとしわの消失、関係あるのでしょうか。


以前、美白重視のスキンケア産品を活用していましたが、肌に一致しなくなり、保湿とアンチエイジングに、力点を置いた製品へ改めました。化粧水がいくつも種類あるのに第一歩は戸惑いましたが、真冬でないのであれば洗顔後のスキンケア方法はこれのみでOKです。

冬場には晩のケア時に美容クリームを塗るだけという単純なものになりました。
つい最近、毛穴の黒ずみの対策として、クレンジングを今まで使っていたものから変えました。


地中海の泥が配合されているクレンジングで、これで洗顔を優しくマッサージ(スポーツや運動の前後には、筋肉の緊張や疲れを解す目的で行われます)をしながらおこなうと、毛穴汚れがしっかり落ちるようです。
沿うして使い続けていくうちに、くっきりと目立っていた黒ずみが薄くなってきました。沿ういったことで、早く全部の毛穴の黒ずみを消してしまいたいと思います。



肌をケアするためにも、洗顔する時には髪の毛の生え際などの落としづらい部分まで、きっちりとすすぎ終えましょう。洗い流せたら、タオルを頭に乗せるようなイメージで水分を取り去ります。



絶対に、強い力で拭いたりしないで下さいね。いうまでもなく、きれいなタオルを使うのが、前提の条件とされています。シワができやすい肌質という事は確かにあります。簡単に言うとそれは皮膚の薄さによるものです。



ナカナカハリが回復せず、しわがクッキリしてきたような気がしたら、これまでのスキンケアが今後も合っているのか、考えなおしてみて下さい。
冬場に口元や目元が乾燥したり、くすみやすい人は注意しなければいけません。

水分蒸発を抑える表皮が薄いと表皮細胞の再生機能が弱まるため、乾燥しているところからどんどんハリが失われ、シワになっていきます。いままでシワがないからと思っていても、薄い皮膚は厚くはなりません。肌質に本当に合ったケアを中心としたお手入れに切り替えたほうがいいでしょう。

湿疹や虫刺されの痕をしつこく掻いたり、風邪の時に何度も鼻をかんだりしていると、それだけで肌は薄くなる沿うです。


というのも、肌の一番外側に位置する表皮はごく薄い層の集まりで、引っ掻いたり擦ったりすると、薄い層はどんどん減っていくのです。表皮はいわば、皮膚のバリアですから、これがすり減ると、すぐ下の真皮もダメージが届く可能性が高まります。真皮が損傷を受けてしまうと状況は深刻です。

真皮は肌を支える重要な力をなくして、結果として肌にシワやたるみができてしまうのです。アトピーが気になる人は、敏感肌用の天然成分のみを配合しているようなスキンケア用品を使うといいでしょう。アトピーは塩水との接触によって治癒するという説もあり、浴槽のお湯に塩を入れたり、夏は海で海水浴を行ない続けると治癒する方向にむかうと言われているのです。
しかし、実は、患部にはひっかいた傷があることがほとんどで、塩水だととてもしみてしまうのがネックです。時節の変化とともに皺は増えていきます。
肌の調子が悪いなと思ったら、潤いが持続するパックをするといいでしょう。表面の代謝も高まるので美容効果も高いです。家にあるものを使うと簡単です。立とえば、無糖ヨーグルトの上澄み液とハチミツを混ぜます。


仕上がりはユルめです。


それを顔にのせるだけですが、タイのホテルのサロンでは擦りおろしニンジンを絞って水気を抜いたのを入れていました。炎症を抑え美白効果もあるのだ沿うです。
それをしばらくして洗い流しますが、石鹸を使わないのが潤い維持のコツです。乳液ほど重くなくて、ニキビ肌やアトピーの人でも安心して出来ます。
天然成分オンリーでペタつかず自然なもっちり肌で、小皺や部分的な乾燥にもしっかり働聴かけてくれます。実はこれ、スネの乾燥にも効果があるので、素足のシーズンには試してみて下さい。
美しいキメの整った肌は誰しもあこがれるお肌ですね。キレイな肌でいつづけるためには、保湿を大切にしなければいけません。潤いを保ち続けている肌はトラブルにも強くて、ピンとはりがあります。



それに保湿の為に意外と必要なのが、日差しから肌を守ることです。UVは乾燥のもとになるでしょうので、適切なケアをすることが重要です。

歳を取るとともに、肌に関する不満が多くなってきましたので、化粧水や乳液などをアンチエイジング用のものに変えてみたり、美容液やクリームも同時に使うようになりました。



ですが、美容部員さんから聞いた話では、もっとも大切なのはクレンジングなんだということでした。

今使っているものを使い終えたら、すぐにでも探してみようと思います。

喫煙ほど肌にダメージを与える習慣

喫煙ほど肌にダメージを与える習慣はありません。
肌の下では毛細血管による代謝が休みなく行なわれていますがタバコに含まれる化学物質の影響で毛細血管が収縮する結果、肌細胞の維持と再生に必要な水分や栄養素が不足し、老廃物が貯まってしまいます。

表皮は普段バリア役として乾燥や刺激から肌を守っています。その能力が落ちるともっと太い血管のある真皮の機能までが劣化します。その結果、皮膚の表面が荒れてシワが隠しきれなくなってきます。禁煙(最近では、喫煙できるスペースがかなり減っていますね)は難しいかもしれませんが、「減煙」したからといって皮膚へのダメージは変わりません。

美肌が欲しければ喫煙は辞めておいたほうが良いでしょう。

テレビに映っている芸能人の肌ってシミなど見当たらない、美しいものです。
とはいえ、芸能人もヒトですから、本当はお肌の悩みからは逃れられないのです。



ご存知の通り、多くの人からの注目を浴びるシゴトですし、普通の人とはくらべようのないくらい、その対策には躍起になっているにちがいありません。



芸能人のスキンケア法にひんとを得れば、日々の肌のお手入れに生かせるかもしれません。洗顔を終えた後の10秒間というのは実は肌にとって大変大事な時間だと言う事をご存知でしょうか。

シャワーを浴びたり、お風呂から出た後、洗顔フォームなどで汚れを落としきった後の肌は、例えてみれば、水をいくらでも吸い込んでしまう砂漠です。
この、短く貴重な奇跡の時間に何もしないでいるのはとても残念なことですし、これ程大事な時間を無駄にするのは、それこそ肌に良くない、と言いたいくらいです。



洗顔を終えたなら、素早くタオルで水気をとり肌にたっぷりと化粧水を吸わせてあげて欲しいです。美容部員さんの座談会で肌が薄い人の話になりました。肌が薄くてシワができやすい人って、一定数いるんです。


肌がたるんでいたり、ヨレっとしているような気がしたら、今までと同じケアをつづけるのではなく、自分の肌タイプについて考えて頂戴。
冬場に口元や目元が乾燥したり、くすみやすい人は気をつけるべきです。もともと沿ういう肌は外部からの刺激に弱く、水分保持能力も低いので、劣化(老化)が進行しやすいです。また、加齢によって皮膚は薄くなるでしょうし、たまたま血色が悪い・乾燥していると思わずに、いまの自分の肌に何が必要かを考えてみるべきだと思います。



お肌に現れたシミに悩んでいる方は多数いることでしょう。

肌にあるシミを薄くする効果が期待できる食物に挙げておきたいのがハチミツです。あまり知られていないかもしれませんが、ハチミツの成分にはシミの色素を薄くする効果があるので、肌にできてしまったシミ、そばかすなどを薄くする効果があるのです。

シミにお悩みの方ははちみつをお勧めいたします。試しに買ってみてはいかがでしょう。敏感肌でお悩みの原因は、水分が足りないために起こることが多いものですが、肌質と合っていない化粧水の使用は、かえって悪化指せてしまいます。



肌質に相応しい低刺激の化粧品(次から次へと新しい技術、新しい成分が開発されて新商品がでますね)を使用して、十分な保湿をするようにして頂戴。ダブル洗顔はダメージを与えますので、低刺激の肌質と合致しているクレンジングで、メイクオフするようにした方がいいです。



敏感肌の人の立場からすれば、乳液の原料は気になる部分です。刺激が強力なのは避けたほうが賢明ですね。



漸く使っても、さらに肌が枯れてしまっては不快です。敏感な肌向けの乳液もありますので、それを使うとよろしいかもしれません。

ほんと人によってイロイロなので、自分に合った乳液を見定めるのが肝だと思いますアラサーと言いつづけて五年、ついに私の顔にもシミがあっちにも、こっちにも出てきてしまいました。原因はわかっています。
太陽の恵みの副産物、憎き紫外線の仕業です。


幼い我が子と毎日のように伴にお気に入りの公園に行ってました。



お出掛けの準備は戦争です。コドモの持ち物を揃えるだけで一シゴト、よっぽどはやおきでもしない限り、自分の日焼け対策にまで手が回りません。
紫外線は帽子だけでは防げませんから、地面からの反射を防ぐにも日焼け止めを塗ろうと思います。



お肌に出来てしまったシミについては、ご自身のケアでも多少の改善は期待できるでしょう。ただ、シミを全く無かったかのように消してしまうことは困難な事です。



ただし、望みがない所以でもないです。

皮膚科では奇麗に除去できるでしょう。もしも、家庭のスキンケアでは改善しないシミに悩んでいるのでしたら、専門医に相談してみることをお薦めします。
多くのクリニックがカウンセリング無料です。顔を洗う回数は1日に何回がベストなのかご存知ですか。
答えは1つ、朝と夜の2回です。


これ以上の洗顔回数は肌に悪影響をおよぼしてしまう原因です。

すればするほどその分肌にいい所以ではなく、最高でも2回というのが美しい肌へと繋がっていくのです。
Copyright (c) 2014 肌トラブル女子のひとりごと! All rights reserved.